Topics

シックハウス症候群の原因として考えられているホルムアルデヒド等の発生源として、家具については以前より問題視されていましたが、ベッドの木製フレームについての試験結果が「国民生活センター」より公表されました。

続きを読む...

green1日本のベッド製造業者で、日本国内に生産工場を持っている会社が集まり、昭和39年(1964年)に結成された団体です。我が国ベッド業界の近代化を通じて、会員相互の連絡協調を緊密にし、業界の健全な発展を図ると共に国民生活の向上に寄与する事を目的としています。日本の主なメーカーで構成され、加盟会員全体で年間80万台のベッドを供給しています。JIS(日本工業規格)、グリーン購入法(環境に配慮)に配慮した製品造りを実施しています。

 
 
 

主な活動内容

全日本ベッド工業会(BMAJ)は、経済産業省の直轄団体として結成されました。経済産業省は基より、環境省、厚生労働省等、関係省庁とベッドメーカーとの、国内唯一の窓口である為、常に工業会会員相互で、業界全体の発展・安全且つ高品質の製品提供・市場の秩序維持等について考え、実施しています。  関連団体とも協調し、SG(安全)に対応し、工業会主体でJ I S規格(住宅用普通ベッド)を制定し、そのときに応じた改訂を行い、高品質な製品作りを追求しています。   現在においても、更に環境に厳しい内容の改正作業を進めています。 当然、環境対策には以前より真剣に取り組んでおり、以前より「衛生」に配慮し、且つ「環境にやさしい」ベッドを市場に提供しています。(衛生マット及びフレーム環境マーク参照)

 

bed childこのマットレスの基準は、グリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進に関する法律)の判断基準(環境に配慮しているかどうかを判断する基準)をも満たす内容になっています。  最近話題になっています「知的財産権保護」につきましては、ベッド業界におきましても、意匠権の侵害・デザインの盗用等出所不明の模造品、模倣品がかなり出ている為、この様な事実が発覚した場合は、工業会を挙げて対応する様に体制作りをしています。

但し、工業会の会員相互においては、必要であれば契約を交わし、有償にてライセンスを許諾し、活用するようにしています。  更に営業面におきましても、販売促進対策・海外よりの輸入品対策等、会員共通の問題に対する対応策を検討し、対策を立て、実施する様にしています。

 

全日本ベッド工業の現在進行中の活動

  1. 機能商品の安全対策
  2. 大型家具店よりの不当な要請対応策
  3. 衛生マットレスの普及活動
  4. フレーム環境マークの普及活動
  5. グリーン購入法への対応
  6. 意匠・デザイン盗用対策
  7. 違法伐採対策
 
 
Copyright © 2014 全日本ベッド工業会 公式サイト All Rights Reserved.